• ホーム
  • 最近の水虫治療薬はちゃんと治る

最近の水虫治療薬はちゃんと治る

ぼろぼろのかかと

足の指の間がかゆくて仕方ない、足が蒸れてジクジクする、足に水疱ができているといった症状は水虫と呼ばれ、自然治癒することはなく、放置していても悪化するため治療が必要となります。
水虫は白癬菌と言われるカビの一種で、人の皮膚やツメの中に入り込んで、かゆみや水ぶくれ、炎症などを引き起こします。
水虫治療に時間はかかりますが、皮膚科で受診して正しい治療を行うことで、間違いなく完治することができます。
カビが湿気を好む性質から、夏場は水虫が活発になりますが、冬場は乾燥して大人しくなるため、治ったと勘違いして治療を終えてしまう人が多くいますが、湿度の上がる次の夏にはまた再発することになるので、医師としっかりコミュケーションをとって、根気よく治療を続けることが大切となります。
水虫治療薬にはケトコナゾール系、イミダゾール系、ベンジルアミン系といった様々な薬がありますが、どれもが殺菌作用のある薬で、水虫の原因である白癬菌を退治して治療することになります。
基本的には塗り薬を処方されますが、爪の中にまで発生した水虫があった場合は、内服薬を処方されることもあり、症状によって医師が使い分けることになります。
白癬菌は皮膚の角質層に寄生するため、塗り薬を効果的に使うには、風呂上がりなどに塗って、角質層にまで薬の効果が浸透するように塗ることが大切になります。
また白癬菌は患部以外にも広がっている可能性があるため、広い範囲に薬を塗りこんでいくと良いと言われています。
ケトコナゾール系の水虫治療薬のニゾラールは、水虫だけでなくカンジダにも効果を発揮することから、あらゆる治療薬の中でも有効性が高い薬として人気を誇っています。
水虫治療は早ければ2ヶ月程度で完治すると言われていて、足が蒸れないようにしっかりとケアしていれば、白癬菌の増殖を抑えることができ、早期に症状は改善されます。
しかし自己判断で薬を止めるようなことをすれば、再発したり1年以上もの治療期間が必要になることもあるので、医師の指導に従った治療を行うようにしましょう。

関連記事